成形作業時に発生するメヤニはフッ素系離型剤で防ぐことが可能

工場

製造現場において離型剤はなくてはならない存在

大きな歯車

離型剤が使用されているモノづくりの現場は、金型を使用してプラスチック製品やゴム製品などの成形を機械で行っている工場です。その現場で使用される離型剤は、フッ素コーティングされたものが多く、連続して成型することから離型性が高い離型剤が利用されることが多いです。また、押出成形の口金に塗布しておくと、いわゆるメヤニが少なくなる効果があります。
離型剤を塗布した部分に密着した離型膜によって、連続した離型性が発揮されるためにメヤニが生じにくくなり、長時間の連続成型が可能となります。金型は、長時間動き続けると温度が高くなることから、プラスチック製品やゴム製品などが押し出し口から離れにくくなってしまうため、そういったことを防ぐために離型剤を使用して、金型と製品を離れやすくする必要があります。
特にメヤニが出来てしまうとその傾向が強くなってしまうため、金型成形時には、離型剤の使用は必須となります。離型剤を塗布することによって、金型と製品が離れやすくなり、製品の生産性が上がるという利点があります。頻繁に金型と製品がくっついていては、生産性どころか、機械の故障にもなりかねないし、金型の寿命にも影響を及ぼしてしまうため、モノづくりの現場では離型剤の使用は欠かせないものとなっています。

Recent Posts

穴あけ加工

ゴムやプラスチック製品を作るときは離型剤を使用しよう

工事などで生産されるゴム製品やプラスチック製品は、金型に材料を流し込むことで成形されます。もしそれらを一つ一つ切ったり整えたりして作るとなると時間もかかり…

more

金属パーツ

離型剤を利用するのに使いやすい種類は?

モノづくりの現場で欠かせない離型剤ですが、離型剤には様々な種類が有ります。シリコーン系やフッ素系などですが、繊細な金型の離型に向いているのがフッ素系の離型…

more

大きな歯車

製造現場において離型剤はなくてはならない存在

離型剤が使用されているモノづくりの現場は、金型を使用してプラスチック製品やゴム製品などの成形を機械で行っている工場です。その現場で使用される離型剤は、フッ…

more

作業着の女性

金型成形には簡単に塗布できるフッ素コートの離型剤が人気です

金型成形においては、製品を型から外しやすくすることが大切です。しかし、金型に勾配を付けるなどの金型形状の工夫だけでは限界があります。このため、金型の内面に…

more

What's New

2019年11月15日
金型成形には簡単に塗布できるフッ素コートの離型剤が人気ですを更新しました。
2019年11月15日
製造現場において離型剤はなくてはならない存在を更新しました。
2019年11月15日
離型剤を利用するのに使いやすい種類は?を更新しました。
2019年11月15日
ゴムやプラスチック製品を作るときは離型剤を使用しようを更新しました。