成形作業時に発生するメヤニはフッ素系離型剤で防ぐことが可能

工場

ゴムやプラスチック製品を作るときは離型剤を使用しよう

穴あけ加工

工事などで生産されるゴム製品やプラスチック製品は、金型に材料を流し込むことで成形されます。もしそれらを一つ一つ切ったり整えたりして作るとなると時間もかかり、大量に成形するのには大幅なコストがかかってしまいますが、金型を使うことにより一気に大量生産することができます。ですが、固まった物を金型から取り外す時に、金型に材料がついたまま一部が欠けてしまったり、メヤニができてしまっては、売り物になりません。そのような場面を防ぐのに、離型剤が役立ちます。
特にフッ素コーティング剤を成分としている離型剤は、ゴムやプラスチック製品を成形するのにおすすめです。金型に予め離型剤を塗布してから成形すれば、取り外す際に傷やメヤニを防ぎ、綺麗な形で出来上がります。料理をする人なら一度は経験したことがあるかもしれませんが、例えばお菓子作りで材料を型に流し込む際に、きちんとバターや油を塗っておけば綺麗に取り外せます。
逆に塗らずに流し込むと、材料が型についたまま焼けてしまったり、綺麗に取り外せません。そのような時は型を洗うのも大変だと思います。離型剤は、そのようなバターや油と同じ役割を持ちます。綺麗に金型から取り外すことができれば、洗浄する手間も少なく済みます。工事で製品を大量生産する現場で離型剤を使用すれば、メヤニのない綺麗な製品を作ることができます。

Recent Posts

穴あけ加工

ゴムやプラスチック製品を作るときは離型剤を使用しよう

工事などで生産されるゴム製品やプラスチック製品は、金型に材料を流し込むことで成形されます。もしそれらを一つ一つ切ったり整えたりして作るとなると時間もかかり…

more

金属パーツ

離型剤を利用するのに使いやすい種類は?

モノづくりの現場で欠かせない離型剤ですが、離型剤には様々な種類が有ります。シリコーン系やフッ素系などですが、繊細な金型の離型に向いているのがフッ素系の離型…

more

大きな歯車

製造現場において離型剤はなくてはならない存在

離型剤が使用されているモノづくりの現場は、金型を使用してプラスチック製品やゴム製品などの成形を機械で行っている工場です。その現場で使用される離型剤は、フッ…

more

作業着の女性

金型成形には簡単に塗布できるフッ素コートの離型剤が人気です

金型成形においては、製品を型から外しやすくすることが大切です。しかし、金型に勾配を付けるなどの金型形状の工夫だけでは限界があります。このため、金型の内面に…

more

What's New

2019年11月15日
金型成形には簡単に塗布できるフッ素コートの離型剤が人気ですを更新しました。
2019年11月15日
製造現場において離型剤はなくてはならない存在を更新しました。
2019年11月15日
離型剤を利用するのに使いやすい種類は?を更新しました。
2019年11月15日
ゴムやプラスチック製品を作るときは離型剤を使用しようを更新しました。