成形作業時に発生するメヤニはフッ素系離型剤で防ぐことが可能

工場

離型剤を利用するのに使いやすい種類は?

金属パーツ

モノづくりの現場で欠かせない離型剤ですが、離型剤には様々な種類が有ります。シリコーン系やフッ素系などですが、繊細な金型の離型に向いているのがフッ素系の離型剤です。モノづくりの現場では、金型についてしまう無駄な原料をメヤニなどと呼んでいますが、このメヤニをいかに防ぐこと、少なくすることが不良品を無くすことになります。
離型剤を利用する事でメヤニの発生を防ぎ、より生産性をアップすることが可能です。フッ素系の離型剤はその名のとおり、フッ素コーティングすることで原料を金型からスムーズにはがしやすくなります。その理由としてフッ素の特徴があります。フッ素は分子が非常に細か物質なので、一度塗布すれば長く離型が可能ですし、塗膜が非常に薄い為製品成形の際がとてもスムーズです。
さらに塗布の際、スプレー式の離型剤で塗布すれば長持ちするので人の目を掛ける頻度が少なくなります。これは成形する際に非常に便利です。稼働回数が上がるためです。そして引火性が無い事も重要なポイントです。引火性が有ると法律にのっとった方法での成形が必要になります。引火性が無い分そのような縛りが無い為スムーズな稼働が出来ますし、何よりも作業する人、会社にとって大きなメリットになります。

Recent Posts

穴あけ加工

ゴムやプラスチック製品を作るときは離型剤を使用しよう

工事などで生産されるゴム製品やプラスチック製品は、金型に材料を流し込むことで成形されます。もしそれらを一つ一つ切ったり整えたりして作るとなると時間もかかり…

more

金属パーツ

離型剤を利用するのに使いやすい種類は?

モノづくりの現場で欠かせない離型剤ですが、離型剤には様々な種類が有ります。シリコーン系やフッ素系などですが、繊細な金型の離型に向いているのがフッ素系の離型…

more

大きな歯車

製造現場において離型剤はなくてはならない存在

離型剤が使用されているモノづくりの現場は、金型を使用してプラスチック製品やゴム製品などの成形を機械で行っている工場です。その現場で使用される離型剤は、フッ…

more

作業着の女性

金型成形には簡単に塗布できるフッ素コートの離型剤が人気です

金型成形においては、製品を型から外しやすくすることが大切です。しかし、金型に勾配を付けるなどの金型形状の工夫だけでは限界があります。このため、金型の内面に…

more

What's New

2019年11月15日
金型成形には簡単に塗布できるフッ素コートの離型剤が人気ですを更新しました。
2019年11月15日
製造現場において離型剤はなくてはならない存在を更新しました。
2019年11月15日
離型剤を利用するのに使いやすい種類は?を更新しました。
2019年11月15日
ゴムやプラスチック製品を作るときは離型剤を使用しようを更新しました。